新築住宅のコスト計画

新築住宅を建てる際、できるだけ総工費を抑えたいと思うのが普通ですが、建築に関しての知識が無ければできない部分でもあります。素人目に見ると色々な部分でコストを落とせるように感じられますが、構造上重要な部分もありますので専門家の意見を聞くことが大切なのです。構造や強度に関係なくコストに反映できる部分は、建築設備や仕上げ材となります。またサッシの面積を小さくすることでコストを抑えると共に、壁面積を大きくできるために強度を高めることが可能です。最近では玄関やリビングに吹き抜けを設けることが多くなっていますが、梁や桁の無い空間が大きければそれだけ強度が落ちてしまいます。吹き抜けは、解放感と日照条件を高める目的で採用されていますが、業者としては魅力を高めることと低コスト化に繋がっているのです。吹き抜けなどで低コスト化を図ると強度不足が起こりやすくなりますので、日当たりの良さは別の手段で実現するのが良い方法なのです。

フェイスリフト オススメ

幼稚園 園庭

契約書のチェックや作成も低価格で承ります。

seoなら山形のクロスウォークまで

個別指導 名古屋 CUBE

  • TOP
  • 新築建設中の膨れ上がる将来像
  • 新築は建売も良いですが注文住宅も良いと言えます
  • 新築マンションは未完成のリスクがある
  • 新築が欲しいと思ったら直ぐに買った方が良いです